九州・沖縄地区の11国立大学法人が研究力向上を中心とする連携協力に関し、覚書を締結しました

このたび、九州大学をはじめとする九州・沖縄地区の11国立大学法人が、大学の研究力向上を中心とする連携協力を推進していくため、覚書を締結しました。
九州・沖縄地区の大学は、これまでも様々な事業・取組を通じて相互に連携してきましたが、今回の覚書締結により共通のプラットフォーム「九州・沖縄オープンユニバーシティ(KOOU)」を形成し、全大学が連携協力して研究力向上に向けた取組を推進することで、個々の大学では対応が難しかった抜本的な研究環境の改善等を目指します。

 

令和5年3月21日(火)に行われた締結式において、石橋総長は、「各大学の強みや特色を活かしつつ、地域が一体となって取り組むことで九州・沖縄地域の社会課題の解決、経済の発展、人材育成に貢献したい」と本覚書の趣旨を説明しました。

 
締結日
2023年3月21日

 

参加大学
国立大学法人福岡教育大学
国立大学法人九州大学
国立大学法人九州工業大学
国立大学法人佐賀大学
国立大学法人長崎大学
国立大学法人熊本大学
国立大学法人大分大学
国立大学法人宮崎大学
国立大学法人鹿児島大学
国立大学法人鹿屋体育大学
国立大学法人琉球大学

 

連携の内容
・研究者や学生の研究力向上・交流に関する事項
・研究設備・機器の共用化に関する事項
・研究データの管理・利活用に関する事項
・研究支援人材の資質向上に関する事項  等

関連リンク
11国立大学法人 学長等